ポリフェノールって果物から摂れるの?

ポリフェノールとは植物が光合成を行うときに作られる物質で、植物が厳しい環境の自然の中で育つうえでの様々なダメージ、虫などによる攻撃や光合成や紫外線によって発生する毒のある活性酸素から身を守って、新しい若い細胞を作り出す働きを助けている天然成分です。

自然界には4000から5000種類以上ものポリフェノールがあり、ブドウの皮や種に含まれている紫色の色素成分やコーヒーやお茶などに含まれている苦味や渋味、灰汁(アク)などの成分を総称したものがポリフェノールです。

ポリフェノールが体に良いとされるのには、発生した活性酸素を無毒化してくれる「抗酸化作用」が関係しています。

活性酸素は植物も動物も人間も体を守るためにとても必要な物質で、紫外線を必要以上に浴びてしまったり、ストレスが続いたりしたなどの場合に活性酸素が作られて体を守ってくれるのですが、その活性酸素が体に溜まってしまうと悪性になってしまう場合があり、反対に体を攻撃してしまっていろいろな病気や老化の原因になってしまうそうです。

その溜まって悪性になってしまった活性酸素をポリフェノールは取り除く働きをしてくれるので、体に良いとされています。

抗酸化作用のあるポリフェノールを多く含む食品は、ポリフェノールの種類は違いますが代表として赤ワインやそば、ココアやチョコレート、緑茶やコーヒーなどに入っています。