脂質は3大栄養素

脂質は3大栄養素の中に含まれ、大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けれれます。

不飽和脂肪酸は常温でもさらさらした液体状で、その化学構造から、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸に大きく分類されています。

特にオメガ3脂肪酸は青魚や亜麻仁油に含まれていて、DHAやEPA、αリノレン酸などが代表的な成分です。

そして、これらの不飽和脂肪酸は、健康に良い効果を示すことが様々な研究からわかってきています。

実際にそのようなお薬が、実際の病院で処方されるお薬としても使用されるようになっています。

また、これらの不飽和脂肪酸を含んだドリンク剤やサプリメントなども非常に多く販売されるようになって、手軽に手に入れられるようになっています。

そのデータによると、これらの不飽和脂肪酸を摂取することで、血液中の中性脂肪やコレステロールが減少します。

そうなると動脈硬化の進展が抑制されるため、血圧の上昇が抑えられます。

高血圧は脳卒中や心筋梗塞などの血管の病気から、生命に関わる重大な出来事を起こす割合を明らかに増やしてしまう国民病です。

不飽和脂肪酸を定期的に摂取して血液中の脂質のコントロールを行うことで、このような成人病の発症を抑制する効果が期待できるのです。