漢方って何なの?

元は中国の伝統医学である東洋医学です。

それを日本人の体質等に合わせて、改良を重ね、進化したのが漢方です。

特徴として、西洋医学とは異なり、病気の原因を総合的に捉えて治療を行います。

西洋医学の場合は、病気の元を局所的に考えて治療を行います。

東洋医学とは真逆である所謂木を見て森をみずという治療方針です。

東洋医学は症状ではなく、原因を考えます。その原因を取り除く為に治療を行います。

更に処方される漢方薬は基本的に天然の成分で出来ており、西洋医学の薬とは全く異なります。

また万人に効く西洋医学の薬違い、漢方薬は誰にでも効くわけでは有りません。

その患者様の健康状態、体調をよく見極めて、漢方薬は処方されます。

患者様一人一人同じ様な症状であっても違う漢方薬が処方されるのです。

また漢方薬は様々なタイプが存在します。有効範囲の広い薬や即効性のあるものや長期間服用しないと効かないものまで様々です。最後に近年漢方医学と西洋医学は見直しをされており、不調の原因が不明の少しの不調などではな、漢方薬を処方する動きが広まっています。これにより患者様に対応できる幅が増え、一人でも多くの患者様を治療する事が可能になりつつあります。