ケータリングカーの特徴とそれで成功している人たち

移動式のお店であるケータリングカーは時々見かけることがあるのですが、たこ焼きとか、アイスクリーム、メロンパン、ケバブなどおいしそうなものばかりを売っていて、ちょうど少しお腹がすいてきたと感じる時によい匂いがしてきて、買って食べたくなるものばかりが販売されているのです。こうしたものは家ではあまり作ることができないし、お店でもあまり食べるようなものでもないし、しばらく食べていないなと思えるようなものばかりがメニューとして選ばれていますので食欲をそそりますし、しばらくぶりに食べてみたいと思うのです。値段も決して高すぎることはなく、安くはありませんが、そこそこの値段設定になっていることが多く、よく考えられています。このようにケータリングカーでなにかを販売することには入念な計画と、そこをたまたま訪れた人たちを惹きつける魅力を出してアピールすることがなされています。

もちろん匂いだけでも十分に販促にはなるのですが、できるだけ人々が集まるような場所に設置するような工夫も必要であり、目立つようにすることも大切になります。遠くからでもどんなものを販売しているのかがわかるように、大きな文字でメニューを出したりしますし、賑やかになるように音楽を流したりすることもします。そのようにすることでできるだけ多くの人に気がついてもらい、販促していくのです。この仕事を長年している人たちは多くの経験を有していますが、どのようにすれば売れるのかというポイントを心得ており、その点でのミスはほとんどないのです。それでこの仕事に興味を持ちやってみたいという強い気持ちを持っているのであれば、この仕事で成功している人たちにどのようにしてうまくやりくりしているのか、売れるためにどんな工夫をしているのかを尋ねてみることができるかもしれません。経験してきた人たちが語るそのような知恵は実に実際的であり、それはその仕事を始めるために必要な知識なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ