ケータリングカーを使った販売の方法

ケータリングカーを活用して販売を行う方法として、石焼芋の食べ物の場合は昔なじみの音楽を奏でながら移動する事が特徴です。石焼芋に関するお馴染みのキャッチフレーズは昔から変化が無くて、多くの通行人に呼びかける感覚で販売活動を行っています。

石焼芋を販売している車の近くによると、芋の香りが強くなってくる事で、お腹が空いている人にとって買いたくなる気分になるように上手に芋の香りを醸し出しています。焼き芋を販売する時に食べやすいように柔らかく焼いている物も出回る傾向で、消費者に食べてもらう工夫を凝らしている販売者も多いです。食べた時に喉が乾く人の為に水を販売していたり、ジュースなどの飲み物を取り扱っている販売者もいます。

昭和時代から有名なケータリングカーで取り扱っている商品として、屋台で食べるラーメンが有名です。移動販売としてラーメンを取り扱う時、昔からチャルメラの音楽が鳴っていた事が特徴です。特徴的なチャルメラの音楽を聴くと、多くの人はラーメンを中心に取り扱っている事を認識して、駆け込みでラーメンを取り扱っているケータリングカーに駆け寄った事が印象的です。

販売の手法として、商業施設の近くでの特定の場所に関して使用許可が出た場合に大きな声を出してお客様を呼び寄せます。基本的に販売する場所が広ければ場所代が掛かる事を考えて、持ち帰りを前提にして、魅力的な声で多くのお客様を引き寄せながら販売する傾向です。車の近くを通ったお客様に対して、明るくて元気の良い声で購入を促す販売者が多いです。

スープなどの汁物に関しては、持ち帰りが出来ない場合の事を考えて、屋外のテーブルで食べて買える事が多いです。たこ焼きや焼きそばなどは、パックに入れて持ち帰りを行えますが、紙に包まれているクレープなどは購入してからその場で食べる人も多いです。取り扱っている食べ物によって、何席かのテーブルを置いたり、即席で食べられるように販売をしている事が特徴です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ