ラーメンは日本のみならず世界の飲食店の王様になる

飲食店の王様と言えば、やはりラーメン屋!安くて、早くて、うまいのラーメンは、もはや国民食と言っても過言ではなく、私もしょっちゅうラーメンを食べています。しかし、一口にラーメンと言っても、その内容はさまざまであって、醤油ラーメン、豚骨ラーメン、味噌ラーメンといった代表的なラーメンから、醤油豚骨ラーメンや魚介系ラーメン、鶏塩ラーメンなどなど、その種類はいろいろありすぎて、いったいどのラーメンが一番であるのかを決めることは至難の業です。さらには、旭川ラーメンや東京ラーメン、和歌山ラーメン、博多豚骨ラーメンなどなど、全国各地のご当地ラーメンなるものも存在します。これだけ多種多様に花開いた飲食店はラーメン以外に他にないのではないでしょうか?ラーメンとは、まったく恐るべき食べ物であります。

その日本の飲食店の王様たるラーメンが、今度は世界の飲食店の王様になろうとしています。そう、ラーメンは海外でもブームになりつつあるのです。先日、ニューヨークに行った際に博多一風堂の店舗を覗いてみたのですが、見事なまでの満席であって、たくさんの外国人がおいしそうに一風堂の豚骨ラーメンを食べていました。せっかくなので私も一食してみましたが、うん、日本で食べているのとほぼ同じの本物の一風堂のラーメンです。日本のハイクオリティのラーメンが海外へと輸出される。これは良い傾向だと思います。

一昔前は、海外でラーメンというと、まったくひどいものばかりを食わされていたものです。スープも全然ダメでしたが、何より麺がダメ。日本人はスープと麺と具の三位一体の喜びをラーメンのうちに見出しますが、海外ではラーメンをスープヌードルと呼ぶように、まずもってスープが重視され、麺は軽視されてしまうそうです。日本は世界屈指の麺喰いとして有名で、麺のうまさ、つまり小麦粉のうまさにこだわります。しかし、海外には麺を食べるという食文化があまりないようで、麺のクオリティをおざなりにしてしまうのです。その結果、ひどくバランスの悪いラーメンが供されるというのが、一昔前までの海外におけるラーメン事情でした。しかし、昨今の和食ブームの影響あってか、最近の海外でのラーメン屋のレベルは驚くほど上がっています。

日本のクオリティーのラーメンを世界が知るようになれば、きっとラーメンは世界的な人気を博すようになり、いずれは海外のその土地どちのご当地ラーメンなるものも生まれるやもしれません。近い将来、海外でラーメンを食べ歩きできるような日が来ればいいなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ