利益率の高い物を飲食店で売る様にする

飲食店で一番重要なのは、やはり料理の質という事になります。ただ、美味しければ全てがOKという訳でもないので難しいのです。例えば値段が高かったら誰も注文してはくれませんよね。その辺りを頭に入れた上で経営して行かなければいけないのです。これは前もってシミュレーションしておく必要があると思うのですが、全てが想定の範囲内という訳にはいきません。

時には安い食べ物を使ってお客さんに来てもらう必要があるのです。私がよく利用するお店ではポテトフライを安値で販売しています。ご存じだとは思いますが、この料理の原料はイモです。これは数ある食材の中でもとても安い物として知られています。しかしながら、これをお店で注文する人達というのはとても多いのです。安い食べ物を使って稼ごうとする事に罪悪感を感じる必要なんてないのです。どこの飲食店でもやっている事に過ぎません。

ファストフードのお店なんかは典型的ですよね。ハンバーガーとジュース、そしてポテトというのはセットで売られる物の定番です。そうすると儲かりやすいからなのですが、皆さんも特に疑うことなく購入していると思います。だからこそ、皆さんも思い切ってやって欲しいのです。そうしないでもどうにかやって行けるのならばいいのですが、経営が厳しい状態になっているのなら迷っている時間はありません。早急に安くて美味しいものをメニューに加えるようにしましょう。

もう一つ利益率の高い物があります。それはドリンク類です。ビールもそうなのですが、それ以外のジュース系が特に高いです。これらは1杯あたりの原価数円なのにもかかわらず、200円とか300円で売れるので店にとって非常に有難い存在なのです。最近の飲食店ではドリンクバーなんてものがありますけど、これも原価が安いからこそできる事なのです。安いのに飲み放題で大丈夫?と思うかもしれませんが、注文すればするだけ店が儲かる仕組みになっているのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ