定番メニューでお客さんを魅了するために

ケータリングカーで販売している軽食ショップで共通しているのは、食べやすいメニューであることです。それでいてリーズナブルな価格であればなお良いので、人気になるメニューがいくつかに限定されることがあります。

ソフトクリームやハンバーガーを売っている通常の軽食屋と、シシカバブやタピオカドリンク、ケバブなどを販売しているお店などの場合、珍しいメニューを置いている方に人気が集まる傾向にあるので、様々なケータリングカーの販売店が増えています。

ですが、多くの人が買いやすい価格設定を考えていけば、通常のチキン唐揚げやポテトフライなどの軽食の方がお買い得感があります。そんな事から、定番メニューばかりを置いているお店も増えています。

お祭りなどで良く販売されているのが、鶏肉を串に刺した状態の焼き鳥です。焼き鳥は、肉の量がかなり少なくなりますが、タレの風味が辺り一面に広がるので食欲が増進するのです。

そんな事もあり、焼き鳥をメインにして、それ以外のメニューを豊富に揃えてお客さんを迎えるお店も多いのです。焼き鳥は意外にも利益率が高いので、焼き鳥だけをメインに販売しているお店もありますが、やはりお客さんが集まってくると、多くの好みに適応するためにもメニューの数を増やす必要があります。

これらのことを考慮していけば、あまり見たことがないようなメニューを置いてお客さんの興味を引くお店と、定番メニューばかりを置いて、美味しそうな香りを漂わせてお客さんを集める方法もあるのです。

どちらを選択してもそれなりに売り上げを高めていく可能性はあるのですが、最終的には美味しい食べ物を提供しているかどうかです。

野外イベントなどの、ちょっとした期間だけ販売するケータリングカーであれば、それほど重要視することではありませんが、お店の看板を多くの人に見せて販売するのであれば、今後の売り上げを維持していくためにもより良いメニューを提供していくことが大事なのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ